周辺情報

八坂神社(やさかじんじゃ)

八坂神社(やさかじんじゃ)

朱塗りの門が映える祇園さんに厄除祈願
日本三大祭り「祇園祭」で知られ、「祇園さん」の呼び名で親しまれている。丹塗りの桜門(重文)も艷やかな京都の寺社の代表格。厄病除けや芸事、商売繁盛の神として12月31日の「をけら参り」、正月の初詣には大勢の人で埋め尽くされる。参道沿いの露天も楽しい。

所在地:京都市東山区祇園町北側625番地
拝観・開館時間:ご祈祷受付時間9:00~16:00
拝観料:境内自由
休日・休館:年中無休

オフィシャルウェブサイト

ねねの道(高台寺道)

ねねの道(高台寺道)

京都東山の清水寺から三年坂、二年坂を経て八坂神社へと向かう小道。
豊臣秀吉の正妻北政所(ねね)ゆかりの寺、高台寺と圓徳院があることから、「ねねの道」と呼ばれています。

オフィシャルウェブサイト

高台寺 

高台寺 

高台寺蒔絵で知られる北政所ゆかりの寺

豊臣秀吉の妻ねねが、秀吉の冥福を祈って建立。徳川家康が援助を惜しまなかったという。高台寺蒔絵で名高い霊屋(重文)や桃山様式の開山堂(重文)、伏見城から移した茶室傘亭・時雨亭(重文)、それに東山の借景とした小堀遠州作と伝える庭園も見応えがある。

所在地:京都市東山区下河原町
拝観・開館時間:9時~16時30分(季節変動)
拝観料:一般500円・中高生300円
休日・休館:年中無休

オフィシャルウェブサイト

二年坂

二年坂

二年坂の名の由来には二つの説があります。三年坂に比べて小さな坂という事からきているという説と、大同2年(806年)に出来たからとする説がある。

オフィシャルウェブサイト

 

八坂の塔(やさかのとう)

八坂の塔(やさかのとう)

法観寺。聖徳太子が建立し、1440年に足利義教が再建。八坂の塔は高さ46mの五重の塔で重文。

所在地:京都市東山区八坂上町388
拝観・開館時間:10:00~16:00
拝観料:400円
休日:年中無休

オフィシャルウェブサイト

産寧坂(三年坂)

産寧坂(三年坂)

三年坂の名の由来にはいくつかの説があります。大同3年(807年)に完成したから三年坂という説と、この坂の上の清水にある子安観音への安産祈願の参道だったことから名付けられたという2点が有力です。

オフィシャルウェブサイト

 

清水寺

清水寺

「清水の舞台」で知られる。139本の丸柱に支えられた高さ10数メートルの本堂(国宝)の舞台からは、東山三十六峰を背に京都の市街を一望できる。音羽の滝の水は、諸病に効き、智恵がつくといわれる名水。周囲には桜や楓が多く、春秋の装いも美しい。

所在地:京都市東山区清水1-294
拝観・開館時間:6:00~18:00
拝観料:一般300円・小中学生200円

オフィシャルウェブサイト

 

知恩院

知恩院

建物の大きさに圧倒される浄土宗の総本山

日本最大の三門(重文)をはじめ、正面24間半もある御影堂(重文)など、その広大なスケールを誇る浄土宗の総本山。1175年法然上人が大谷禅房を結んだ旧跡である。のちに家康によって拡張された。三方正面真向の猫など寺の七不思議も見応えがある。

所在地:京都市東山区林下町400
拝観・開館時間:9時~16時
拝観料:境内自由 方丈庭園400円
休日・休館:年中無休

オフィシャルウェブサイト

平安神宮 

平安神宮 

朱塗りが鮮やかな社殿は明治創建の新顔の神社

1895年に平安遷都1100年を記念して創建された神社。一面白砂の上に、丹塗りの柱と甍とのコントラストも鮮やか。社殿の裏側の神苑では、枝垂桜や花菖蒲が美しい。京都の三大祭りのひとつ、時代祭でも知られる。

所在地:京都市左京区岡崎西天王町
拝観・開館時間:6時~18時(神苑8時30分~17時30分)季節により変更あり
拝観料:境内自由 神苑拝観 600円
休日・休館:年中無休

平安神宮オフィシャルウェブサイト

平安神宮

平安神宮

1895年に平安遷都1100年を記念して創建された神社。一面白砂の上に、丹塗りの柱と甍とのコントラストも鮮やか。社殿の裏側の神苑では、枝垂桜や花菖蒲が美しい。京都の三大祭りのひとつ、時代祭でも知られる。

所在地:京都府京都市左京区岡崎西天王町
Tel:075-761-0221
拝観・開館時間:6時~18時(神苑8時30分~17時30分)、季節により変更あり
拝観料:境内自由 神苑拝観 600円
休日・休館:年中無休

オフィシャルウェブサイト

八坂神社

八坂神社

日本三大祭り「祇園祭」で知られ、「祇園さん」の呼び名で親しまれている。丹塗りの桜門(重文)も艷やかな京都の寺社の代表格。厄病除けや芸事、商売繁盛の神として12月31日の「をけら参り」、正月の初詣には大勢の人で埋め尽くされる。参道沿いの露天も楽しい。

所在地:京都市東山区祇園町北側625番地
Tel:075-561-6155
拝観・開館時間:ご祈祷受付時間9:00~16:00
拝観料:境内自由
休日・休館:年中無休

オフィシャルウェブサイト

建仁寺

建仁寺

京都府京都市東山区小松町584
Tel:075-561-6363

オフィシャルウェブサイト

南禅寺

南禅寺

南禅寺は今から710年あまり昔の正応4年(1291年)、亀山法皇が無関普門禅師(大明国師)を開山に迎えて開創されました。

地下鉄で起こしになる場合は東西線をご利用ください。蹴上駅下車、徒歩10分です。
「ねじりまんぽ」と呼ばれる隧道を抜けると境内への近道です。

京都府京都市左京区南禅寺福地町86
Tel: 075-771-0365

オフィシャルウェブサイト

京都国立博物館

京都国立博物館

京都府京都市東山区茶屋町527
Tel:075-525-2473

オフィシャルウェブサイト

京都市美術館

京都市美術館

京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
Tel:075-771-4334

オフィシャルウェブサイト

細見美術館

細見美術館

実業家・日本美術コレクター、細見古香庵(1901−79)に始まる細見家三代の蒐集品を基礎として、1998年に開館しました。コレクションは、神道・仏教美術から茶の湯の美術、琳派・伊藤若冲といった江戸絵画など、日本美術のほとんどすべての分野・時代を網羅するものです。

所在地:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6−3
Tel:075-752-5555
拝観・開館時間:10時~18時
入館料:展覧会によって異なります
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

オフィシャルウェブサイト

泉屋博古館

泉屋博古館

京都府京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
Tel:075-771-6411

オフィシャルウェブサイト

 

ロームシアター京都

ロームシアター京都

2016年1月に京都・岡崎にリニューアルオープンする劇場です。創造・育成・交流・生活をキーワードに、文化の殿堂として、主催公演・貸館利用など市民の皆様に向けた様々な舞台芸術活動を展開しています。

京都市左京区岡崎最勝寺町13
Tel:075-746-3355

オフィシャルウェブサイト

茶道体験スペース En

茶道体験スペース En

茶道体験Enは京都祇園知恩院近くにある小さな手作りの茶室です。
はじめての方、海外の方、お子様に少しでも日本文化の美しさを知って頂く
良い機会となればうれしいです。
茶道を通して礼儀作法や精神性を学ぶことができます。

京都市東山区松原町272
Tel:080-3782-2706

オフィシャルウェブサイト

サムライ剣舞シアター

サムライ剣舞シアター

サムライ剣舞とは京都・滋賀・岐阜で活動する剣舞流派です。
「侍」文化は海外でも人気があります。
サムライ体験!剣舞の基礎知識をご紹介いたします!

京都市東山区三町目35-7ネオアートビルBF
Tel:075-751-2033

オフィシャルウェブサイト

 

京都市動物園

京都市動物園

京都市動物園ウェブサイトです。各種イベントのご紹介や、どうぶつ図鑑、野生鳥獣救護センターなど京都市動物園に関する情報を配信しています。
またオリジナル壁紙やどうぶつ紙芝居、壁新聞などのコンテンツもご覧いただけます。

京都府京都市左京区岡崎法勝寺町
Tel:075-771-0210

オフィシャルウェブサイト

ギオンコーナー

ギオンコーナー

ギオンコーナーは、舞妓さんによる京舞をはじめ、華道、作動、筆曲、雅楽、狂言、7つの伝統芸能を鑑賞できるスポットです。
日本の伝統芸能を、ひとつの舞台でダイジェストに鑑賞できます。

京都府京都市東山区祇園町南側570-2
Tel:075-561-1119

オフィシャルウェブサイト

京都錦市場

京都錦市場

錦小路通りは京都の目抜き通り四条通の一本北に位置し、商店街振興組合に属する店は126店舗、道幅は3.3メールから5メートル、東の端は新京極がありそこに、錦天満宮があります。
この狭い通りの両側に様々な商品を扱う商店が軒を連ねています。平成5年に完成したアーケードも錦市場を象徴する顔となっています。

京都府京都市中京区

オフィシャルウェブサイト

古川町商店街

古川町商店街

観光のまち、京の都の片隅に、そっとたたずむ昭和の香り漂う商店街
小さなアーケード内には、手作りのザルや網を売る金物屋さん、小豆を炊く匂いが漂う和菓子屋さん、手造りにとことんこだわるお惣菜屋さんなど、昔ながらの個性豊かな三十数軒の商店が並びます。しょ

京都市東山区古川町通三条下る3丁目唐戸鼻町555番地

オフィシャルウェブサイト

知恩院

知恩院

日本最大の三門(重文)をはじめ、正面24間半もある御影堂(重文)など、その広大なスケールを誇る浄土宗の総本山。1175年法然上人が大谷禅房を結んだ旧跡である。のちに家康によって拡張された。三方正面真向の猫など寺の七不思議も見応えがある。

所在地:京都市東山区林下町400
Tel: +81-75-531-2111
拝観・開館時間:9時~16時
拝観料:境内自由 方丈庭園400円
休日・休館:年中無休

オフィシャルウェブサイト

清水寺

清水寺

「清水の舞台」で知られる。139本の丸柱に支えられた高さ10数メートルの本堂(国宝)の舞台からは、東山三十六峰を背に京都の市街を一望できる。音羽の滝の水は、諸病に効き、智恵がつくといわれる名水。周囲には桜や楓が多く、春秋の装いも美しい。谷を隔てて泰山寺子安塔(重文)がそびえる。

所在地:京都市東山区清水1-294
Tel:+81 75-551-1234
拝観・開館時間:6:00~18:00
拝観料:一般300円・小中学生200円
拝観時間:6時~18時

オフィシャルウェブサイト

産寧坂(三年坂)

産寧坂(三年坂)

三年坂の名の由来にはいくつかの説があります。大同3年(807年)に完成したから三年坂という説と、この坂の上の清水にある子安観音への安産祈願の参道だったことから名付けられたという2点が有力です。

京都市東山区

ウェブサイト

八坂の塔

八坂の塔

法観寺。聖徳太子が建立し、1440年に足利義教が再建。八坂の塔は高さ46mの五重の塔で重文。

所在地:京都市東山区八坂上町388
Tel: +81 75-551-2417
拝観・開館時間:10:00~16:00
拝観料:400円
休日:年中無休

オフィシャルウェブサイト

二年坂

二年坂

二年坂の名の由来には二つの説があります。三年坂に比べて小さな坂という事からきているという説と、大同2年(806年)に出来たからとする説がある。

〒605-0826 京都府京都市 東山区桝屋町349-18

オフィシャルウェブサイト

高台寺

高台寺

豊臣秀吉の妻ねねが、秀吉の冥福を祈って建立。徳川家康が援助を惜しまなかったという。高台寺蒔絵で名高い霊屋(重文)や桃山様式の開山堂(重文)、伏見城から移した茶室傘亭・時雨亭(重文)、それに東山の借景とした小堀遠州作と伝える庭園も見応えがある。

所在地:京都市東山区下河原町
Tel: +81 75-561-9966
拝観・開館時間:9時~16時30分(季節変動)
拝観料:一般500円・中高生300円
休日・休館:年中無

オフィシャルウェブサイト

ねねの道(高台寺道)

ねねの道(高台寺道)

京都東山の清水寺から三年坂、二年坂を経て八坂神社へと向かう小道。豊臣秀吉の正妻北政所(ねね)ゆかりの寺、高台寺と圓徳院があることから、「ねねの道」と呼ばれています。

〒605-0825 京都府京都市 高台寺東山区下河原町526

オフィシャルウェブサイト